『in BEPPU』は別府現代芸術フェスティバル『混浴温泉世界』の後継企画として2016年より始動したアートプロジェクトです。別府現代芸術フェスティバル『混浴温泉世界』は2009年から2015年まで3年に1度、計3回開催し、美術やダンス、音楽など、国際色豊かな多くのアーティストが別府に滞在して構想した新作を発表しました。これに対して『in BEPPU』では、国際的に活躍する1組のアーティストのみを別府に招聘し、地域性を活かしたアートプロジェクトを毎年秋に実現します。第1回目は現代芸術活動チーム【目】が別府市役所を舞台に作品を発表し、第2回目では西野 達が別府名勝『地獄めぐり』にちなんで『芸術めぐり』をテーマに、中心市街地の各所に大型の屋外インスタレーション作品4点と写真作品9点を展示しました。

3年目として今回招聘するのは、現代美術の分野において最も重要なアーティストの1人として国際的に注目されているアニッシュ・カプーア氏です。ヴェルサイユ宮殿で行った個展 (2015年)やロンドンオリンピックの記念モニュメント制作(2012年)など、大規模な作品で世界中を魅了してきた氏による、新作を含めた個展を開催します。

アニッシュ・カプーア in BEPPU Webサイト:http://inbeppu.com